【東急エージェンシー調査】理想の薬局像「気軽さ」「町医者」‐高齢者ほど在宅訪問望まず

2016年3月30日 (水)

ニュース


 生活者が理想とする薬局は、コンビニエンスストアのように気軽に利用でき、地域の町医者のように日頃の体調を気にかけてくれる存在と考えていることが、大手広告代理店の東急エージェンシーが行った調査で明らかになった。4月の診療報酬改定で「かかりつけ薬剤師」への政策誘導が進められ、在宅訪問も要件化されるが、こうした薬局のサービスに対し、60代で希望する人は3割未満に過ぎず、かえって20代など若者層で期待感が高かった。

 調査は、1月9~13日にかけて、過去1年以内に全国で薬局を利用した10代後半から60代の男女1100人を対象に、インターネット上で実施した。その結果、現在かかりつけ薬局があると答えた人は41.0%と約4割にとどまった。



HOME > ニュース > 【東急エージェンシー調査】理想の薬局像「気軽さ」「町医者」‐高齢者ほど在宅訪問望まず

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!