【厚労省】医療費適正化で基本方針案‐かかりつけ薬局の必要性周知

2016年3月30日 (水)

ニュース


 厚生労働省は24日、2018年度からスタートする第三期医療費適正化計画に向けた基本方針の改正案を、社会保障審議会医療保険部会に示した。後発品の使用割合80%以上の達成をはじめ医療費の適正化の取り組みや重複・多剤投薬など地域差の「見える化」を柱にした基本方針を今年度中にまとめる。医薬品の適正使用を推進するため、国の役割として、かかりつけ薬剤師・薬局の必要性の周知なども盛り込んだ。基本方針は地域医療構想の内容も踏まえ、今夏をメドに一部改正する。

 第三期医療費適正化計画は、18年度から実施が予定されているが、地域医療構想を策定し、早期に計画を策定した都道府県については、17年度から前倒しで実施できることとなっている。そのため、基本方針を見直した上で、今年度内にまとめることにした。



HOME > ニュース > 【厚労省】医療費適正化で基本方針案‐かかりつけ薬局の必要性周知

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!