【フェリング・ファーマ】不妊治療領域で攻勢かける‐消化器領域の参入も視野に

2016年4月19日 (火)

ニュース


マーク・ノグルCEO

マーク・ノグルCEO

 フェリング・ファーマは、得意とする不妊症領域を含む産婦人科領域で攻勢を仕掛け、国内市場で成長ポテンシャルがあるとする領域に切り込む。2016年1月から日本法人CEOとして責任と権限を委譲されたマーク・ノグル氏は本紙のインタビューに応じ、「日本はまだ成長途上にあるニッチな市場があると認識している。産婦人科領域でセールス、エビデンスの双方でリーダーシップを取ることがグローバル全体の目標であり、国内でも新たな治療薬の導入、エビデンスを構築していく」と自信を示した。また、今年から新たに消化器領域への国内参入を図る方針だ。

 フェリング・ファーマは、01年に日本法人として設立。従来はスイスにある本社主導でグローバル展開を行っていたが、今年からは日本を含むビジネス上重要な6カ国の法人に対して責任と権限を委ねる組織体制に変更した。ノグル氏は「開発や営業を含めた全ての部門がCEO直轄になることで、日本に即した迅速な意思決定が可能となり、イノベーションも促進されるのではないか」と述べた。



HOME > ニュース > 【フェリング・ファーマ】不妊治療領域で攻勢かける‐消化器領域の参入も視野に

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!