【熊本地震】派遣薬剤師、全国から募集‐日薬が支援活動を本格化

2016年4月20日 (水)

ニュース


 日本薬剤師会は、きょう20日から熊本地震の被災者に対する支援活動を本格化させる。避難者に対する医薬品の供給やJMAT(日本医師会災害医療チーム)の活動に応じた調剤に対応するため、救護所がある避難所に1日当たり薬剤師15人を派遣することを想定し、現地に派遣する薬剤師を全国から募集している。

 派遣薬剤師の集合場所となるのは、熊本市中央区の熊本県薬剤師会館。現地への交通手段は、九州各県から派遣する場合は自動車となるが、それ以外は福岡まで飛行機または新幹線を利用し、そこからレンタカーを利用する方向で調整している。

 現時点での派遣先は、益城町総合体育館、益城町保健福祉センター、阿蘇熊本空港ホテルエミナース、宇土市役所で、その他の避難所についても巡回する。派遣先は、今後も増える可能性があるという。



HOME > ニュース > 【熊本地震】派遣薬剤師、全国から募集‐日薬が支援活動を本格化

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!