【岐阜薬大】25年までの中長期計画策定‐目指すべき大学像示す

2016年5月12日 (木)

ニュース


 岐阜薬科大学は、2025年までの中長期計画をまとめた。教育、研究、地域貢献を三つの柱と位置づけ、研究力を身につけた薬剤師、臨床の分かる薬学研究者を輩出すると共に、新薬創出につながる研究に力を入れていくなどの目標を掲げた。

 中長期計画では、超少子高齢化や医療システムの変化など外部環境に加え、薬剤師国家試験受験資格の特例措置の廃止やキャンパス分割など大学が抱える課題を指摘。その上で、今後10年間に目指すべき具体的な大学像として、教育ビジョン、研究ビジョン、社会貢献ビジョン、国際化ビジョンを設定した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2021 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【岐阜薬大】25年までの中長期計画策定‐目指すべき大学像示す

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!