【メーカー公取協】新会長に多田氏‐コンプライアンスの徹底を

2016年6月3日 (金)

ニュース


多田正世氏

多田正世氏

 医療用医薬品製造販売業公正取引協議会(メーカー公取協)は5月27日に開いた通常総会で、新会長に多田正世氏(大日本住友製薬社長)を選任した。

 多田氏は、創薬をめぐる環境について、「開発の難度が高まる一方で、研究開発費も高騰している」と指摘。「世界的な競争の激化や、薬価に対する圧力も強まる中、安全性、有効性の高い医薬品を届けるという使命を帯びて、日夜チャレンジしている」との実情を示した。

 そうした厳しい環境下で、「医薬品産業が社会の信頼を得て、事業を継続していくためには、コンプライアンスが徹底されることが大事」と強調。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【メーカー公取協】新会長に多田氏‐コンプライアンスの徹底を

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS