【PMDA】昨年度審査期間の目標達成‐後発品も新規申請品でクリア

2016年6月23日 (木)

ニュース


 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は16日、2015年度に審査した医薬品の承認実績を公表した。新医薬品の審査期間については、希少疾病用医薬品などの優先審査品目、通常審査品目ともに14年度からスタートした第3期中期計画の目標を2年連続で達成した。また、後発品の審査期間についても、新規申請と一部変更申請ともに目標をクリアした。

 新医薬品の審査期間については、優先審査品目が60%タイル値で8.7カ月と、目標の9カ月を下回り、通常審査品目も70%タイル値で11.3カ月と目標の12カ月を下回り、優先品目、通常品目ともに14年度の審査期間よりも短縮した。承認件数については、優先審査品目が37件、通常品目で79件となった。

 また、後発品の審査期間については、新規申請品目は中央値で8.2カ月と、目標値である10カ月を下回ったものの、14年度の6.1カ月よりは長い結果となった。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【PMDA】昨年度審査期間の目標達成‐後発品も新規申請品でクリア

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS