【日医工】米社買収、バイオシミラー強化が狙い‐20年度までに売上3000億円

2016年7月20日 (水)

ニュース


田村友一社長

田村友一社長

 日医工の田村友一社長は12日、都内で記者会見し、米ジェネリック医薬品メーカー「セージェント」の買収について、「目標とする世界トップ10入りに向け、滑走路につきエンジンをふかし始め、離陸する段階に入った」と語った。今後、セージェントが持つ開発・販売・製造基盤を活用し、米国でバイオシミラー(BS)を中心とした事業展開を加速させ、2020年度までには売上3000億円の到達を目指す。

 米セージェントは、ジェネリック注射剤市場では第9位に位置し、カナダ子会社のオメガ社が注射剤や抗癌剤の生産設備を持っている。田村氏は、今後日本市場で大型製品の特許切れが減ることが予想され、「日本にとどまると日医工は停滞する」とセージェントの買収に至った決断を説明した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【日医工】米社買収、バイオシミラー強化が狙い‐20年度までに売上3000億円

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS