【富士フイルム】豪再生医療ベンチャーに出資‐再生医療製品の研究開発加速

2016年9月16日 (金)

ニュース


 富士フイルムは、オーストラリアの再生医療ベンチャーのサイナータ・セラピューティクスに300万ドルを出資すると発表した。サイナータの第三者割当増資を引き受け、サイナータが発行する全株式の10%強を保有する見込み。iPS細胞を用いた再生医療製品の研究開発を加速させたい考え。

 契約により、富士フイルムは、サイナータが移植片対宿主病(GVHD)患者を対象に、臨床試験を予定している他家iPS細胞由来間葉系幹細胞を用いた再生医療製品の開発・製造・販売ライセンス導入と製造受託の選択権を取得する。さらに、他家iPS細胞由来間葉系幹細胞を用いた再生医療製品開発に関する技術やノウハウも取得可能となる。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2021 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【富士フイルム】豪再生医療ベンチャーに出資‐再生医療製品の研究開発加速

‐AD‐
‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!