【厚労省/農水省/日漢協】薬用植物、国内栽培を拡大へ‐各地でブロック会議

2013年8月30日 (金)

ニュース


官が主導し薬農マッチング

20日にさいたま市で開かれた関東ブロック会議

20日にさいたま市で開かれた関東ブロック会議

 厚生労働省と農林水産省、日本漢方生薬製剤協会は、漢方薬や生薬製剤に用いられる薬用植物の国内栽培を拡大するため、生産農家と漢方薬メーカーをマッチングする「薬用作物の産地化に向けたブロック会議」を今月からスタートさせた。1日の北海道を皮切りに、20日には関東、26日に北陸で開催し、来月までに全国8カ所で実施していく予定。ブロック会議を通じて、生産者と漢方薬メーカーがニーズや情報を共有し、国内栽培の必要性が高い生薬の産地化を推進していく考えだ。

 生薬原料のほとんどが、中国など海外からの輸入に依存し、国内生薬の安定確保が課題となる一方で、薬用植物栽培を通じて、地域振興に取り組む地方自治体も増えている。こうした状況を受け昨年11月から、厚労省医政局経済課と研究開発振興課、農水省生産局農産部地域作物課が情報交換会を実施。国主導で農業と医療が結びつく新たなビジネス展開に取り組んでいる。



HOME > ニュース > 【厚労省/農水省/日漢協】薬用植物、国内栽培を拡大へ‐各地でブロック会議

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!