【日本学術会議】4年制教育、質保証へ参照基準案‐今年度中に取りまとめ

2016年10月3日 (月)

ニュース


 日本学術会議は9月28日、都内で公開シンポジウムを開いた。同会議と日本薬学会が連携して策定を進めている、4年制教育を念頭に置いた参照基準案の進捗状況が報告された。基準案は、4年制教育課程の学生が卒業時までに身につけておくべき知識や能力、学修方法、学修成果の評価方法などを示したもので、各大学が実施しているカリキュラムの成果を点検し、教育の質保証につなげることが目的。現在、各大学から基準案に対する意見募集を行っている段階で、今後、寄せられた意見を踏まえて修正し、今年度中に取りまとめる予定。

 6年制教育に関しては、卒業時までに学生が身につけておくべき必須の能力の到達目標を分かりやすく提示した「薬学教育モデル・コアカリキュラム」の改訂版が策定され、既に2015年度の入学生から適用されている。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【日本学術会議】4年制教育、質保証へ参照基準案‐今年度中に取りまとめ

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS