【日病薬地方連絡協議会】情報収集の協力を要請‐地域医療検討特別委設置で

2016年11月4日 (金)

ニュース


 日本病院薬剤師会の賀勢泰子副会長は、10月29日に都内で開かれた地方連絡協議会で、今年度から新たに設置された「地域医療検討特別委員会」について説明。超高齢化や、病院の機能分化といった「社会情勢の変化を踏まえ、薬剤師として果たすべき役割を、日病薬の各委員会と連携して検討することが目的」とし、地域医療に病院薬剤師が関わって成果を上げているような事例を「紹介してもらいたい」と呼びかけた。

 同委員会は、地域医療における病院薬剤師の関わり方を検討し、有用性の高い事例があれば事例集を発行すると共に、医療連携について検討することを目的として設置されたもの。木平健治新会長のもとでスタートした執行部体制の目玉の一つとされている。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【日病薬地方連絡協議会】情報収集の協力を要請‐地域医療検討特別委設置で

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS