【薬学教育協議会調査】薬局初任給、男性は「30万円以上」が最多‐売り手市場で上昇ピークに

2016年11月29日 (火)

ニュース


 薬学教育協議会がまとめた「2016年3月薬系大学卒業生・大学院修了者就職動向調査」によると、6年制学科卒業生で最も就職者が多かった「薬局」の初任給の分布は男性が「30万円以上」、女性が「26万~28万円」が最多で、男性は「24万~26万円」にもピークがあったものの、売り手市場を反映して昨年より上昇傾向が見られた。約7割の就職者が24万~30万円以上の範囲にあった。

 病院・診療所薬局の初任給は、国公立大学病院と自治体系病院で「20万~22万円」、私立大学病院と一般病院では「22万~24万円」が最も多かった。初任給が最も高額なのは、医薬品販売業のうちドラッグストアなどの一般販売業で、男女ともに昨年同様「30万円以上」が最多で4割を占めた。

 初任給の調査は、就職者7751人のうち6099人(卒業生の78.7%)からの回答をもとに集計したもの。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【薬学教育協議会調査】薬局初任給、男性は「30万円以上」が最多‐売り手市場で上昇ピークに

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS