【日本化薬】インフリキシマブBSを承認申請‐関節リウマチ、クローン病、潰瘍性大腸炎で

2013年9月20日 (金)

ニュース


 日本化薬が同社2番目のバイオ後続品として、韓国のセルトリオングループと共同開発してきた抗ヒトTNF‐αモノクローナル抗体「インフリキシマブ」(開発コード:CT‐P13)を承認申請した。適応症は関節リウマチ、クローン病、潰瘍性大腸炎の三つの自己免疫疾患。先行品のレミケードは2010年1月に乾癬の効能追加を取得しているが、再審査期間であるため、今回は適応症に含めず、再審査期間が終了した段階で追加を検討する。

 インフリキシマブは、先行品のレミケードが田辺三菱製薬の12年度決算で国内売上高735億円に達する大型市場で、13年度も第1四半期が終わった段階で前年同期比7・1%増の192億円と成長を続けている。



HOME > ニュース > 【日本化薬】インフリキシマブBSを承認申請‐関節リウマチ、クローン病、潰瘍性大腸炎で

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!