【厚科審分科会】県単位の協議機関設置を‐薬卸連、ワクチン返品へ意見

2013年9月20日 (金)

ニュース


 厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会の「研究開発および生産・流通部会」は13日、業界団体の日本医薬品卸売業連合会から参考人を招き、ワクチンの流通体制について意見を聞いた。薬卸連は、新型インフルエンザ時の返品問題等を指摘し、パンデミック発生に備えて都道府県単位の協議機関を設置することを提案。委員からも賛同する意見が出た。

 薬卸連は、2009年4月に発生したH1N1新型インフルエンザ発生時のワクチン対応で、国が医療機関で発生した在庫の返品を認める方針に転換し、卸業者の負担が発生したことを挙げ、ワクチンを安定的に供給するため、国と製薬企業による的確な需要見通しと生産体制の確保を要望した。



HOME > ニュース > 【厚科審分科会】県単位の協議機関設置を‐薬卸連、ワクチン返品へ意見

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!