【さいたま市】医用レーザーの事業化支援‐医工連携を本格始動

2013年9月20日 (金)

ニュース


清水勇人さいたま市長

清水勇人さいたま市長

 さいたま市とさいたま市産業創造財団は、基盤技術を持つ埼玉県内の中小企業に対し、医療機器関連分野への新規参入や事業拡大を支援する「さいたま医療ものづくり都市構想」の取り組みの一環として、医用レーザー機器の商品化などを目的とした「さいたま医療ものづくり道場」を開催した。今後11月までに全4回のプログラムを行う予定。共催する日本レーザー医学会と埼玉県内のものづくり企業の医工連携を支援することで、医療ものづくりコミュニティの形成を推進し、試作品の共同開発・商品化等を目指していく。

 さいたま市では、医療機器分野を成長戦略として位置づけ、基盤技術を持つ研究開発型ものづくり企業の新規参入・事業拡大を支援する取り組みとして、昨年度を初年度とする10カ年計画「さいたま医療ものづくり都市構想」をスタートさせている。



HOME > ニュース > 【さいたま市】医用レーザーの事業化支援‐医工連携を本格始動

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!