新たな使命を抱き、前進の時‐大阪で第46回日薬学術大会開く

2013年9月26日 (木)

ニュース


薬剤師1万5000人超が参加

第46回日本薬剤師会学術大会

第46回日本薬剤師会学術大会

 第46回日本薬剤師会学術大会が「薬剤師の新たな使命~120年の歴史を踏まえて」をテーマに22、23の両日、大阪市の大阪国際会議場を中心に開催され、全国から1万5000人を超える薬剤師が参加した。現在、超高齢化社会の到来を見据えて、チーム医療の中での薬剤師の果たすべき役割が増すと共に、在宅医療など薬局機能の社会的要請も注目されている。今回はメインテーマに掲げた通り、日薬創立120周年の記念大会という中で、19の分科会や、初の試みとして日本薬学会など10学会との共催シンポジウムも行われ、査読開始後最多となる627の一般演題など、積極的な討論が繰り広げられ、各会場とも参加者の熱気に包まれた。


児玉孝日薬会長

児玉孝日薬会長

 開会式であいさつした児玉孝日薬会長は、今大会が日薬創立120年目の記念すべき大会であることを前置きし、「数々の激動の時代を乗り越え、私どもの先達の薬剤師が医薬分業の推進をはじめ、薬剤師の職能を確立しようという大変な努力をしていただいた。そのおかげで今、私ども薬剤師は、それぞれの職域で薬剤師らしい仕事ができる環境が整ってきた」と振り返った。



HOME > ニュース > 新たな使命を抱き、前進の時‐大阪で第46回日薬学術大会開く

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!