【ウエルシア関東】薬剤師の嚥下PA導入が成果

2013年9月25日 (水)

ニュース


 首都圏を中心に調剤併設型ドラッグストアを展開するウエルシア関東(さいたま市)では、在宅医療への取り組みの一環として、昨年秋から薬剤師の嚥下フィジカルアセスメント(嚥下PA)スキルの習得に力を入れている。歯科医師の指導のもと、社内研修を通して行っているほか、外部との共同研究なども行っている。

 嚥下PAとは、調剤した薬の確実な服用を確認するため、聴診器で服用時の嚥下音や嚥下前後の呼吸音を確認し、嚥下状態を評価するもの。これにより、誤嚥性肺炎の予防や口腔内状態の悪化など、服薬がキッカケで起こり得るトラブルを未然に防ぐことができ、その患者に合った調剤を行うことにつながる。



HOME > ニュース > 【ウエルシア関東】薬剤師の嚥下PA導入が成果

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!