【Meiji Seika ファルマ】CNSで国内2位目指す

2017年6月5日 (月)

ニュース


小林大吉郎社長

小林大吉郎社長

 Meiji Seika ファルマは、重点領域である中枢神経系(CNS)領域の認知症を除いた売上シェアで、昨年度の4位から今年度には2位への浮上を目指す。国内営業利益全体の4分の1を占める抗うつ薬「リフレックス」、昨年に上市した統合失調症治療薬「シクレスト」に加え、今年6月に販売予定のジェネリック医薬品(GE薬)の抗精神病薬「アリピプラゾール」(先発品名:エビリファイ)等、新薬とGE薬の両輪でシェア拡大を狙う。小林大吉郎社長は、5月30日に都内で会見を行い、「うつ病と統合失調症治療薬の新薬を有し、オランザピンやアリピプラゾールのGE薬を、医師に対してラインナップで提案できるのはわれわれだけ」と強調した。

 Meijiは、重点を置くCNSと抗菌薬領域を中心に、MRが新薬とGE薬の情報提供活動を行っている。昨年度売上高は前年比1.8%減の1616億円と新薬が微増したものの、薬価改定の影響をカバーできず、営業利益は大幅減益となった。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【Meiji Seika ファルマ】CNSで国内2位目指す

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS