【大阪府薬】患者本位の分業実現へ‐骨太方針踏まえ事業展開

2017年6月27日 (火)

ニュース


 大阪府薬剤師会は17日、同会館で第9回定時総会・第134回通常代議員会を開催し、2016年度事業・決算報告を承認した。また、17年度事業計画では、健康サポート薬局やセルフメディケーションの推進など、政府が先に示した骨太方針に沿った事業展開の方向性が強調され、会員に対し協力を呼びかけた。

 藤垣哲彦会長は、「政府の骨太方針では、患者本位の医薬分業実現に向けた調剤報酬の見直しでは、かかりつけ薬剤師の他職種連携による服薬情報の一元的管理や、電子版お薬手帳の活用、在宅訪問、残薬などが掲げられている」と指摘。

 その上で、「大阪府薬では、セルフメディケーションや健康サポート薬局の推進など、政府の骨太方針に沿った事業を展開していく所存で、ぜひ皆さんのご協力をお願いしたい」と要望した。



HOME > ニュース > 【大阪府薬】患者本位の分業実現へ‐骨太方針踏まえ事業展開

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!