松原日病薬副会長「病棟業務加算の効果立証を」‐各病院でエビデンス構築要望

2013年5月17日 (金)

ニュース


松原和夫氏

松原和夫氏

 日本病院薬剤師会副会長の松原和夫氏(京都大学病院薬剤部長)は11日、神戸市内で講演し、昨春新設された病棟薬剤業務実施加算は「何のエビデンスもなければ、いとも簡単に廃止されてしまう」と危機感を表明。来春の診療報酬改定に向けて、病棟薬剤業務の有用性を示すエビデンスを各病院で構築するよう求めた。

 薬剤師が病棟に常駐し処方提案などを行う業務を週に20時間以上行った場合に週1回、100点を入院基本料に上乗せできる同加算が昨春に新設された。松原氏は、同加算の効果を評価する厚生労働省の調査が7、8月頃に実施されるとし、「それでよい結果が得られなければ難しい局面を迎えてしまう」と説明。「いかに150点、200点にするかということも重要だが、まずは100点を守らなければいけない」と述べ、エビデンスの構築が求められるとした。



HOME > ニュース > 松原日病薬副会長「病棟業務加算の効果立証を」‐各病院でエビデンス構築要望

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!