【厚労省】かかりつけ薬剤師の確保、次期医療計画に明記

2017年7月26日 (水)

ニュース


 厚生労働省は、2018年度からスタートする第7次医療計画に「かかりつけ薬剤師」の確保を盛り込む方針を、20日の社会保障審議会医療部会に示した。薬剤師の資質向上のために、「患者のための薬局ビジョン」を踏まえ、専門的情報の習得や患者とのコミュニケーション能力の向上や多職種で実施する研修が行われるよう研修状況を把握し、関係者間の調整を行うことを明記する。

 医療計画では、地域薬局の役割として、医療機関と連携して患者の服薬情報を一元的・継続的に把握し、それに基づく薬学的管理・指導を行い、入退院時の連携や夜間・休日の調剤や電話相談に対応することを等の役割を果たすことを求めている。



HOME > ニュース > 【厚労省】かかりつけ薬剤師の確保、次期医療計画に明記

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!