【第一三共】阪大発ベンチャーに出資‐iPS細胞由来心筋シートで権利獲得

2017年8月14日 (月)

ニュース


 第一三共は、iPS細胞由来の心筋シートを開発する大阪大学発ベンチャー「クオリプス」に出資し、同シートの全世界での販売オプション権を獲得する契約を締結したと発表した。第一三共は、細胞治療を臨床応用に向けた重点領域と位置づけているが、iPS細胞由来の研究開発に出資するのは今回が初。現在、同シートの臨床研究、医師主導治験の開始に向けて準備を進めている段階だ。

 iPS細胞由来心筋シートは、ヒトiPS細胞から作製した心筋細胞をシート状に加工した他家細胞治療製品。心臓移植や人工心臓装着以外に有効な治療法がない重症心不全患者の心臓に同シートを移植することで、心機能の改善や心不全状態からの回復等が見込まれている。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【第一三共】阪大発ベンチャーに出資‐iPS細胞由来心筋シートで権利獲得

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS