【武田薬品】モレキュラーと共同研究‐癌標的のADC創製目指す

2017年8月16日 (水)

ニュース


 武田薬品は、米バイオベンチャー「モレキュラー」と、次世代の抗癌剤開発を目指した複数の創薬標的に関する共同研究契約を締結したと発表した。両社で構成された「ジョイントサイエンティフィックコミニティー」を通じて、武田の治療標的候補に、モレキュラーが有する基盤技術で癌細胞を死滅させる抗毒素技術「ETB」を応用させ、抗体薬物複合体(ADC)を中心とした創薬を目指す。

 モレキュラーのETBは、癌細胞を死滅させる改変型志賀毒素様毒素融合蛋白質を作成する技術。共同研究では、武田の癌標的ポートフォリオに対して、主に新たなペイロードとして抗体に結合させることで、特異的腫瘍抗原を標的としたADCとしての創薬を目指す。武田は、共同研究で創出されたパイプラインの権利を独占的に獲得するオプション権を有する。武田による開発実施に当たり、モレキュラーは第I相試験までの治験薬の製造・供給を担う。



HOME > ニュース > 【武田薬品】モレキュラーと共同研究‐癌標的のADC創製目指す

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!