【厚労省健康局】感染症対策強化へ261億円‐18年度概算要求

2017年8月31日 (木)

ニュース


 厚生労働省健康局の2018年度予算概算要求は、感染症対策の強化に148億円増の261億円を要求。癌対策には25億円増の170億円を計上した。

 感染症対策では、国が備蓄するプレパンデミックワクチンや抗インフルエンザ薬が一部有効期限切れになることを踏まえ、買い替えにかかる費用として、160億円を計上。

 「AMR(薬剤耐性)対策の推進」では、「AMR対策アクションプラン」に基づき、AMR対策に関する調査、普及啓発を行うと共に、ワンヘルス・アプローチに関する国際会議の開催費用などに8億円を充てる。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省健康局】感染症対策強化へ261億円‐18年度概算要求

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS