【医療機能評価機構】16年の医療事故情報‐報告件数は過去最多

2017年9月15日 (金)

ニュース


 日本医療機能評価機構は、2016年に医療機関から報告された医療事故情報の年報を公表した。報告件数は3882件で過去最多となり、事故の概要は「療養上の世話」が1430件(36.8%)で最も多く、次いで「治療・処置」が1168件(30.1%)で続いた。事故の程度では「障害残存の可能性がある(低い)」が1101件(28.4%)で、「死亡」は338件(8.7%)だった。

 昨年1年間に同機構に報告された医療事故情報で、事故の概要について見ると、療養上の世話が1430件(36.8%)、治療・処置が1168件(30.1%)、「その他」が479件(12.3%)、「薬剤」が270件(7%)だった。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【医療機能評価機構】16年の医療事故情報‐報告件数は過去最多

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS