【血液事業部会】化血研、組織再編へ「複数案」‐年内にも新体制の方向性

2017年9月27日 (水)

ニュース


20日に開かれた薬事・食品衛生審議会血液事業部会

20日に開かれた薬事・食品衛生審議会血液事業部会

 薬事・食品衛生審議会血液事業部会は20日、化学及血清療法研究所(化血研)から組織運営の正常化に向けた取り組みに関する報告を受けた。化血研の木下統晴理事長は、主要3事業である血液製剤、ワクチン、動物薬の製造のあり方について、複数の企業などから案が提示されていることを明らかにした上で、「年内にはある程度の方向性を示せると思う」と述べた。

 化血研をめぐっては、2015年に承認書と異なる方法で血液製剤を製造し、組織ぐるみで隠ぺいしていたことが発覚。昨年1月に110日間の業務停止処分を受け、今年5月末には木下氏が理事長に就任し、組織運営体制などの見直しを進めている。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【血液事業部会】化血研、組織再編へ「複数案」‐年内にも新体制の方向性

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS