【武田薬品】MR活動にAIを導入‐営業現場から提案

2017年10月4日 (水)

ニュース


パイロットを終え本格展開

岩崎真人氏

岩崎真人氏

 武田薬品は、MRの情報提供活動のプラットフォームとして人工知能(AI)を本格的に導入する。三つの支店でAI導入のパイロット試験を行っていたが、今後は本格実装し、地域包括ケアシステムの中の多様なステークホルダーに対して、メディカルアフェアーズなど営業以外の他部署も巻き込み、生産性が高く効率的なマルチチャネル型情報提供を目指す。取締役ジャパンファーマユニットプレジデントの岩崎真人氏は、本紙のインタビューに対し、「パイロット試験で得られたことはたくさんある。AIは医療ニーズとして顕在化しているものをきちんと学習、蓄積していくことができるので、互換性、普遍性という観点から大きな意味があった」と述べ、今後の本格展開に手応えを示した。

 武田は、社内からデジタル技術に関する斬新なアイデアを募集し、社内ベンチャーという形で提案からプロジェクト化を図るなど、従来から創薬、開発、営業、製造などで部門横断的にデジタル化を推進してきた。AIの導入も、事業アイデアを公募したところ、営業部門から具体的な提案があり、実用化段階まで来ている。



HOME > ニュース > 【武田薬品】MR活動にAIを導入‐営業現場から提案

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!