【ファミリーマート/エフケイ】埼玉県内にDgs+CVSの1号店

2013年10月17日 (木)

ニュース


一体型店舗ファミマとエフケイの一体型店舗

一体型店舗ファミマとエフケイの一体型店舗

 ドラッグストア企業などとのフランチャイズ契約によるコンビニ一体型店舗を推進中のファミリーマート(本社東京豊島区、ファミマ)は、エフケイ(埼玉県富士見市、遠藤俊一社長)と初の一体型店舗を8日にオープンした。ファミマでは今春、エフケイを含むドラッグ4社と店舗展開に関する包括提携契約を締結。このうちコメヤ薬局、大賀薬局、宮本薬局の3社は、一体型店舗を既に出店している。

 エフケイは埼玉県を中心に、ドラッグストア28店舗のほか調剤薬局も展開する。ファミマとの1号店「ファミリーマート+ドラッグエース広瀬東店」(狭山市広瀬東4の2の7)は、店舗面積約154坪、売場面積約126坪。商品アイテム数は約9500種類で、うち一般用医薬品(指定第2類、第2類、第3類)は約500種類。



HOME > ニュース > 【ファミリーマート/エフケイ】埼玉県内にDgs+CVSの1号店

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!