【東京医科歯科大】PARP阻害剤「オラパリブ」、小児神経芽腫で世界初治験

2017年12月11日 (月)

ニュース


 東京医科歯科大学は、小児の難治性腫瘍である神経芽腫を対象としたPARP阻害剤「オラパリブ」の医師主導治験として国内第I相試験を開始した。小児を対象としたオラパリブの第I相試験は世界初で、今後小児難治性固形癌12例を集積し、安全性を確認する計画だ。オラパリブは海外で卵巣癌適応で承認を取得しているが、日本では未承認薬剤。患者数が少なく、企業が開発に着手しづらい小児癌で新規治療法につなげる。

 オラパリブは、DNA修復経路に異常がある腫瘍細胞に対して、細胞死を促す薬剤で、海外ではBRCA1/2遺伝子変異陽性の卵巣癌などで承認を取得し、前立腺癌でも開発が進んでいる。



HOME > ニュース > 【東京医科歯科大】PARP阻害剤「オラパリブ」、小児神経芽腫で世界初治験

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!