【PhRMA】新薬創出等加算の見直し要望‐パトリック委員長「日本への投資なくなる」

2018年2月1日 (木)

ニュース


パトリック・ジョンソン在日執行委員会委員長

パトリック・ジョンソン在日執行委員会委員長

 米国研究製薬工業協会(PhRMA)のパトリック・ジョンソン在日執行委員会委員長(日本イーライリリー社長)は、1月29日に都内で記者会見し、来年度から運用される薬価制度の抜本改革を受け、今後日本政府に対して、▽新薬創出等加算の再検討▽他国の経験を踏まえた費用対効果評価(HTA)の検討▽2年に1回の薬価改定を維持――の3点を求めていく考えを示した。パトリック氏は、「日本市場は中長期的に先進国で唯一のマイナス成長となる可能性がある」と懸念を示した上で、「薬価制度改革によって、日本に対して投資する動きはなくなっていく」と述べ、研究開発投資を呼び込む市場として国際競争力を維持するためには、制度の見直しが必要と訴えた。

 パトリック氏は、薬価制度の抜本改革について、「国民皆保険制度の持続とイノベーション推進のバランスが取れていない」と指摘。新薬創出等加算については、新たに企業・品目要件が設けられ、加算対象品目が約920品目から約540品目へと約4割減に絞り込まれる見通しだが、「正しい新薬創出等加算制度を設定してほしい」と述べ、新薬の特許期間内に関しては薬価を維持するよう求めた。



HOME > ニュース > 【PhRMA】新薬創出等加算の見直し要望‐パトリック委員長「日本への投資なくなる」

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!