【厚労省】合理的な社会保障給付などICT活用で業務効率化‐厚労省が推進本部

2018年2月19日 (月)

ニュース


あいさつする加藤勝信厚労相

あいさつする加藤勝信厚労相

 厚生労働省はICTを活用した業務の改善や効率化を図るため、「ICT利活用推進本部」を設置し、13日に初会合を開いた。正確で効率的な社会保障の給付などを目指し、ICTに精通した若手職員が中心のチームが具体的な検討を行い、マイナンバーの活用などを議論する予定だ。同チームは週1回程度の頻度で会合を開き、年内をメドに報告書をまとめ、推進本部に提出する予定。

 推進本部は、医療・介護・福祉に関する膨大なデータを持つ厚労省がICTをフル活用することで、▽正確かつ効率的な社会保障給付の実現▽分野横断的な業務プロセスの効率化▽国民の利便性向上▽関連データの積極的な有効活用――を目標に掲げている。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省】合理的な社会保障給付などICT活用で業務効率化‐厚労省が推進本部

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS