次世代に向けた創薬・医療イノベーションの今‐日本薬学会第138年会、22年ぶりに金沢市で開催

2018年3月1日 (木)

ニュース


研究最前線と将来を展望

向智里組織委員長

向智里組織委員長

 日本薬学会第138年会(組織委員長:向智里金沢大学副学長・理事)が3月25~28日の4日間、金沢市の石川県立音楽堂、金沢市アートホール、ANAクラウンプラザホテル金沢など11施設を会場に開催される。1996年の第116年会以来、22年ぶりの金沢開催となる今回の年会テーマは「次世代に向けた創薬・医療イノベーションの今」。組織委員長の向氏は「薬学教育6年制導入から10年が経過し、研究分野でもAIやIoTなどの言葉がキーワードとなっている。次世代の創薬、薬物治療、医療の革新的技術を中心に薬学関連研究の最前線と将来展望について議論し、さらに進展させていくという意味を込めてテーマを掲げた」と話す。

 年会プログラムも会頭講演、国内外8人を招聘しての特別講演、20人の受賞講演のほか、特別企画ワークショップ2件、シンポジウム(一般70件、大学院生3件、理事企画2件、国際交流2件)、ランチョンセミナー19題、一般演題(口頭1017題、ポスター2579題)、機器展示、市民講演会など多彩な企画を展開する予定である。



HOME > ニュース > 次世代に向けた創薬・医療イノベーションの今‐日本薬学会第138年会、22年ぶりに金沢市で開催

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!