【アイキューヴィア調査】国内医家医薬品市場、前年比1%減の10.5兆円‐トップは「アバスチン」

2018年3月7日 (水)

ニュース


日医工、沢井が上位20社に

 2017年の医家向け医薬品市場が前年比1.0%減の10兆5148億円と3年連続で10兆円を超えたが、10年以降では初めて前年を下回ったことが、アイキューヴィアの調査で明らかになった。病院・開業医・薬局の全市場で初の減少となった一方、抗腫瘍剤が1兆円を突破。売上上位10製品では抗癌剤「アバスチン」がトップに輝いた。薬価ベースで売上1000億円を超えたのは、アバスチンのほか、胃潰瘍薬「ネキシウム」、抗癌剤「オプジーボ」と、前年より1製品少ない3製品となった。販売会社別では武田薬品、第一三共、アステラス製薬の順で、日医工と沢井製薬のジェネリック医薬品メーカーが初のトップ20入りを果たした。

 市場別に見ると、病床100床以上の病院市場は1.4%減の4兆5092億円と病院・開業医・薬局その他市場の中で、10年以降唯一、プラス成長を続けてきたが、初めて前年を下回った。100床以下の開業医市場は0.4%減の2兆1661億円、薬局その他市場は0.9%減の3兆8394億円と2年連続マイナス成長となった。



HOME > ニュース > 【アイキューヴィア調査】国内医家医薬品市場、前年比1%減の10.5兆円‐トップは「アバスチン」

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!