【厚労省】後発品シェア、初の70%突破‐昨年11月調剤費は2%増

2018年4月6日 (金)

ニュース


 厚生労働省は、昨年11月の調剤医療費(電算処理分)の動向を発表した。それによると、調剤費は前年同期比1.8%増の6324億円、処方箋1枚当たり調剤医療費は3.8%増の9131円だった。後発品の数量シェアは70.2%と初めて70%を突破した。

 昨年11月の調剤医療費の内訳を見ると、技術料が0.5%増の1592億円とわずかに伸び、薬剤料が2.2%増の4721億円となった。薬剤料のうち、後発品薬剤料は17.0%増の863億円だった。

 薬剤料の多くを占める内服薬の処方箋1枚当たり薬剤料は、3.3%増の5557円、処方箋1枚当たりの薬剤種類数は2.87種類、投薬日数は23.1日、1種類数1日当たり薬剤料は84円となった。



HOME > ニュース > 【厚労省】後発品シェア、初の70%突破‐昨年11月調剤費は2%増

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!