【AMED】シーズ2件を企業導出‐創薬支援ネットの成果公表

2018年4月9日 (月)

ニュース


 日本医療研究開発機構(AMED)は3月30日、革新的医薬品の創出を支援する創薬支援ネットワークの活動状況を公表し、2017年度に企業へシーズの導出を2件行ったことを明らかにした。15年の同機構設立後、企業への導出は計4件となる。

 創薬支援ネットワークは、AMEDの創薬支援戦略部を中心に理化学研究所などが連携し、大学や公的研究機関の優れた研究成果から、癌や難病、感染症などの疾患領域を対象とした革新的医薬品の創出を目指した実用化研究を支援する仕組み。実用化の可能性が高い創薬シーズを対象に、探索研究および前臨床試験に関わる技術支援や成果の企業導出を行っている。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【AMED】シーズ2件を企業導出‐創薬支援ネットの成果公表

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS