【日薬など6団体】かかりつけ薬剤師活用促す‐薬の適正情報普及へ共同声明

2018年4月9日 (月)

ニュース


 くすりの適正使用協議会(RAD-AR)、日本薬剤師会、日本医師会、日本製薬工業協会など6団体は、医療・医薬品に関する正しい情報の普及を目的とした共同声明を発表した。インターネットなどを通じて誤った情報が患者に伝わり、判断を迷わせている現状を踏まえ、情報の読み解き方など基本的知識を記載した教材の作成、かかりつけ薬剤師など専門家の活用を患者に促すことなどを盛り込んでいる。

 共同声明は、医薬品・医療のリスク・ベネフィットに関する過剰表現、科学的根拠に基づかない情報がインターネットやメディアで氾濫し、患者の判断を迷わせている現状を改善することが狙い。医薬品の正しい知識や使用方法の普及活動に取り組んでいるRAD-ARのほか、日薬、日医、製薬協、日本医学ジャーナリスト協会、ささえあい医療人権センターCOMLがまとめた。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【日薬など6団体】かかりつけ薬剤師活用促す‐薬の適正情報普及へ共同声明

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS