【米メルク】PD-L1陽性NSCLC、キイトルーダ単独療法が初の主要評価項目達成

2018年4月24日 (火)

ニュース


 米メルクは、腫瘍細胞のPD-L1発現(TPS)が1%以上の局所進行・転移性非小細胞肺癌(NSCLC)を対象とした抗PD-L1抗体「キイトルーダ」の単独療法を検討した第III相試験「KEYNOTE-042」について、プラチナ製剤併用化学療法に比べ、主要評価項目の全生存期間(OS)の延長を達成した。PD-L1陽性のNSCLCに対する初回治療に対し、癌免疫療法の単独療法を検証した第III相試験でOS延長が認められるのは初。今後、副次評価項目の無増悪生存期間(PFS)を評価する予定。

 「KEYNOTE-042」は、NSCLCに対するキイトルーダの単独療法を、カルボプラチンとパクリタキセル、カルボプラチンとペメトレキセドの併用療法と比較した国際無作為化非盲検試験。EGFR遺伝子変異、ALK融合遺伝子が認められず、進行性疾患に対する全身療法歴のない患者が対象となっている。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【米メルク】PD-L1陽性NSCLC、キイトルーダ単独療法が初の主要評価項目達成

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS