【厚労省作業部会】全国医療情報ネットへ論点‐医療機関と薬局の連携中心

2018年5月15日 (火)

ニュース


 厚生労働省は、2020年度に本格稼働を予定する「全国保健医療情報ネットワーク」の検討に向けた議論の方向性を、9日に開かれた医療等分野情報連携基盤技術ワーキンググループに示した。病名、処方、調剤等の共有により、重複投薬や残薬が減少できること、医療機関・薬局間の連携(EHR)を中心に検討し、ビッグデータ活用や個人の健康管理(PHR)にもつながる情報連携基盤を目指す必要性等を挙げている。

 厚労省は、同ネットワークの主な検討課題として、▽サービスやネットワークの検討▽管理・運営主体▽コスト▽運用ルール――の四つを論点に示した。サービス内容としては、医療機関、薬局等にとってコスト負担に見合った便益のあるサービス、患者や国民が実感できる具体的なメリットのあるサービスを挙げ、病名、処方、調剤等の保健医療記録を共有する方向性を提示した。



HOME > ニュース > 【厚労省作業部会】全国医療情報ネットへ論点‐医療機関と薬局の連携中心

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!