【みらかホールディングス】新セントラルラボラトリー建設‐総投資額は750億円、21年4月の稼働見込む

2018年7月3日 (火)

ニュース


会見する竹内成和社長兼グループCEO

会見する竹内成和社長兼グループCEO

 臨床検査受託を手がけるみらかホールディングスは、総額750億円を投じ、東京都あきる野市に、関東1都6県の一般検査と全国の特殊検査を担う「新セントラルラボラトリー」を建設すると発表した。建設期間は来年2月~2020年6月で、21年4月頃の稼働を見込む。人工知能(AI)やロボットの導入によりラインの自動化を図り、既存の八王子ラボと同規模の検体数で、一般検査の1検体当たりの固定費30%削減を目指す。

 将来的には受託能力を一般検査と特殊検査の合計で、八王子ラボの2倍に相当する1日30万検体にまで引き上げたい考えだ。



HOME > ニュース > 【みらかホールディングス】新セントラルラボラトリー建設‐総投資額は750億円、21年4月の稼働見込む

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!