【大塚ホールディングス】米医療機器ベンチャーを買収‐超音波腎デナベーション獲得

2018年7月18日 (水)

ニュース


 大塚ホールディングスは、米医療機器ベンチャー「リコー・メディカル」を買収すると発表した。リコーが開発中の超音波腎デナベーション(RDN)治療デバイス「パラダイス・システム」のアジアでの独占的権利を獲得するなど、2014年からリコーに資本参加していたが、同デバイスの欧米での臨床試験「RADIANCE-HTN SOLO試験」で良好な結果が得られ、6月に臨床試験「RADIANCEII試験」の実施許可を米FDAから得られたことから買収の決定に至った。買収額は非公開。

 リコーは、超音波RDN治療デバイスに特化した医療機器ベンチャーで、09年に設立。従業員は約30人で、米カリフォルニアの本社を拠点に、「パラダイス・システム」をグローバルで開発しており、欧州でCEマークの認証を取得している。



HOME > ニュース > 【大塚ホールディングス】米医療機器ベンチャーを買収‐超音波腎デナベーション獲得

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!