【米BMS】抗PD-1抗体「オプジーボ」、SCLC適応で米承認‐初の癌免疫療法薬に

2018年8月23日 (木)

ニュース


 米ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)は、抗PD-1抗体「オプジーボ」(一般名:ニボルマブ)について、プラチナ製剤による化学療法および1種類以上の前治療後に病勢進行した転移性小細胞肺癌(SCLC)に対する初めての癌免疫療法薬として、米FDAから承認を取得した。SCLCの特定患者に対する約20年ぶりの新薬となる。

 今回の承認は、プラチナ製剤による化学療法後に病勢進行し、オプジーボの単剤療法を受けたSCLC患者245人を含む多施設共同複数コホート非盲検第I/II相試験「CheckMate-032試験」のコホートデータに基づくもの。FDAにより優先審査の対象として受理された。



HOME > ニュース > 【米BMS】抗PD-1抗体「オプジーボ」、SCLC適応で米承認‐初の癌免疫療法薬に

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!