【新日本科学】米国前臨床事業から撤退‐カナダの臨床CROに売却

2018年8月24日 (金)

ニュース


国内への一本化を決断

 新日本科学は、米国子会社「SNBL USA」の前臨床事業をカナダの臨床試験受託企業(CRO)「アルタサイエンシズグループ」に売却すると発表した。9月末に手続きを終える予定で、買収額は最大で約50億円になる見込み。業績不振が続いていた米国では、昨年から臨床の第I相試験施設やサルの動物飼育施設を他社に売却し、事業再編を進めてきたが、中核ともいえる「SNBL USA」の前臨床事業も譲渡。創薬シーズを実用化するトランスレーショナルリサーチ事業への集中を図り、事実上、米国の前臨床事業から撤退する形だ。前臨床事業は国内研究施設を主体とした事業展開を進め、日本から海外向け受託を呼び込みたい考え。

 同社は、国内前臨床CRO最大手。2017年度業績では売上が前期比3.7%減の166億円、当期純損失が前期の9億円から35億円に赤字幅が拡大していた。特に米国前臨床事業は16億円の経常損失となっていた。



HOME > ニュース > 【新日本科学】米国前臨床事業から撤退‐カナダの臨床CROに売却

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!