【厚労省・覆面調査】乱用の恐れのある医薬品、「質問なしで購入」増加

2018年9月3日 (月)

ニュース


 厚生労働省が公表した、2017年度の「医薬品販売制度実態把握調査」(覆面調査)の結果によると、濫用の恐れがある医薬品を複数購入しようとして、「質問なしに購入できた」割合は前回調査から2.2ポイント上昇した。厚労省の「医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」で、プロトンポンプ阻害薬(PPI)のスイッチ化の審議で問題視された、不適切な対応をした店舗が増えたことになる。

 調査は、薬局・薬店が店舗やインターネットで一般薬が適正に販売されているかどうかを把握するため、調査員が消費者を装って実施しているもの。今回は、5017の薬局・店舗、507のインターネット販売サイトを対象とした。



HOME > ニュース > 【厚労省・覆面調査】乱用の恐れのある医薬品、「質問なしで購入」増加

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!