【厚労省】14年改定方針の骨子案示す‐重点課題に在宅充実など

2013年11月13日 (水)

ニュース


 厚生労働省は8日、2014年度診療報酬改定の基本方針の骨子案を、同日開いた社会保障審議会医療部会、医療保険部会に示した。

 重点課題には、社会保障と税の一体改革で打ち出された医療機関の機能分化・強化と連携、在宅医療の充実等を位置づけ、医療費を適正化する視点では、後発品の使用促進等に取り組むとした。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省】14年改定方針の骨子案示す‐重点課題に在宅充実など

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS