【産業革新機構/みずほ銀行】医療機器専用ファンド設立‐大学・中小企業のシーズ橋渡し

2013年11月18日 (月)

ニュース


 官民ファンドの産業革新機構とみずほ銀行が、アカデミアや中小企業が保有する医療機器に関連する技術シーズを育成する新たな投資事業に乗り出した。10月に発足させた新会社メドベンチャーパートナーズを母体とする専用の基金「MPI-1号投資事業有限責任組合」を今月立ち上げ、両社で60億円を上限に出資。産業革新機構が最高44億円を受け持つほか、社外取締役等を派遣する。

 医療機器分野では、大学やベンチャー企業に優れた技術シーズがあっても、臨床ニーズや市場ニーズを把握できずに事業化できなかったり、初期段階で資金不足で事業化を断念する事例が存在する。そこで産業革新機構とみずほ銀行は専用基金を通じてリスクマネーを供給して橋渡しする。



HOME > ニュース > 【産業革新機構/みずほ銀行】医療機器専用ファンド設立‐大学・中小企業のシーズ橋渡し

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!