【中医協薬価部会】後発品薬価、先発品の5割に‐厚労省が新ルール提案

2013年11月18日 (月)

ニュース


 厚生労働省は13日、次期薬価制度改革に向け、初収載の後発品薬価を先発品の5割とする改正案を、中央社会保険医療協議会薬価専門部会に示した。昨年度改定結果の検証調査を踏まえ、患者の希望価格が加重平均で先発品の約50%と試算されたこと、収載後初の薬価調査で先発品の7割の薬価から21%も下落している状況が見られたため。ただ、業界側は「これまでのルールを大きく変える提案であり、後発品メーカーに与える影響は甚大」とし、意見陳述を要望。次回の薬価専門部会で、業界を代表して日本ジェネリック製薬協会の吉田逸郎会長から、意見聴取を行う。

 後発品の初収載薬価は、先発品の7割とし、内用薬で10品目を超える場合は6割のルールだが、患者や中医協委員からは「金額が安くなると言っているが、実際にはそんなに変わらない」「品目と価格が多すぎる」と改善を求める意見が相次いでいた。



HOME > ニュース > 【中医協薬価部会】後発品薬価、先発品の5割に‐厚労省が新ルール提案

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!