【武田薬品】外国人をトップに起用‐GSKワクチンのウェバー社長

2013年12月5日 (木)

ニュース


クリストフ・ウェバー氏

クリストフ・ウェバー氏

 武田薬品は、次期社長にベルギーのグラクソ・スミスクライン(GSK)ワクチン社社長兼ジェネラル・マネージャーのクリストフ・ウェバー氏が内定したと発表した。来年4月までに新たな役職となる「COO」として武田に入社し、6月下旬の株主総会・取締役会での承認を前提に、代表取締役社長兼COOに就任する予定。現社長の長谷川閑史氏は代表取締役会長CEOに就き、2015年6月頃までは、ウェバー氏との“ツートップ体制”でグローバル展開を強化していく。

 長谷川氏は、03年に武田薬品社長に就任し、今年で10年目となる。後継者については、「日本人が望ましい」とのスタンスで可能性を検討してきた。しかし、米ミレニアム・ファーマシューティカルズ社やスイスのナイコメッド社を買収し、事業エリアが70カ国に拡大。「グローバルビジネスに精通した人材」を基本線に、外国人を含めた形で後継者探しを行う方針に転換。数人の後継者候補を選定し1年以上にわたって選考を行った結果、取締役会でウェバー氏を満場一致でCOOに任命することを決めた。



HOME > ニュース > 【武田薬品】外国人をトップに起用‐GSKワクチンのウェバー社長

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!