【政府】「可能な限り後発品の使用」‐生保改正法案が閣議決定

2013年5月24日 (金)

ニュース


 政府は17日、生活保護法改正案を閣議決定した。増え続ける医療扶助を適正化するため、後発品の使用を促すことなどを盛り込んでいる。

 改正法案では、「医療の給付のうち、医療を担当する医師又は歯科医師が医学的知見に基づき後発医薬品を使用することができると認めたものについては、被保護者に対し、可能な限り後発医薬品の使用を促すことによりその給付を行うよう努めるものとする」と明記。医師が先発品を指定しない限り、原則として後発品を使うよう促すことを法制化した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【政府】「可能な限り後発品の使用」‐生保改正法案が閣議決定

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS