【愛媛大学病院薬剤部】年間2200万円の経済効果‐薬剤師が重大な副作用発現回避

2013年12月18日 (水)

ニュース


 愛媛大学病院薬剤部は、同院における薬剤師の薬学的介入によって、医薬品による重大な副作用の発現やその重篤化を回避した医療経済効果は、年間約2200万円に達するとの推定結果を発表した。医薬品副作用被害救済制度による被害者への支払額や、国内外の論文を参考に、プレアボイド報告の各症例における経済効果を算出した。

 薬剤師の薬学的介入によって患者の不利益を回避、軽減した具体的な症例として、2012年度に同院薬剤部が行ったプレアボイド報告209件を、▽がん化学療法への介入▽相互作用回避▽腎機能に応じた投与量推奨――など12種類に分類した。



HOME > ニュース > 【愛媛大学病院薬剤部】年間2200万円の経済効果‐薬剤師が重大な副作用発現回避

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!